うさぎは寂しくても死なない

備忘録を兼ねたブログ お酒(特にウイスキー)のことについてよく書きます

ウイスキー

ベンネヴィス 21年 ウイスキートレイル

ベンネヴィス、ノーマークでした。 (写真左) ELIXIR DISTILLERS WHISKYTRAIL THE KNIGHTS BEN NEVIS Highlands single malt Aged 21 years distilled in 1996 2018's 47.5% 700ml エリクサーディスティラリーが日本向けにリリースした「ウイスキートレイル…

アラン 20年 Second Edition & Third Edition

贅沢な飲み比べでした。 ARRAN TRILOGY SECOND EDITION Islands single malt Aged 20 years Distilled 1998/02/03 Bottled 2018/04/09 Cask type Sherry hogshead Cask no 136 50.4% 700ml ARRAN TRILOGY THIRD EDITION Islands single malt Aged 20 years D…

スプリングバンク 10年 新ラベル

やっと飲むことができました。 SPRING BANK Aged 10 years Campbeltown single malt 2017's 700ml 46% 本八幡のBAR PEAT https://tabelog.com/chiba/A1202/A120202/12014214/ というところでいただきました。 去年新しくなった、スプリングバンクのスタンダ…

ウイスキー基礎知識 第4回:世界の五大ウイスキー(後編)

さあ、なががったウイスキー基礎知識4回も後編、本当にラストです。 前編・中編の記事はこちら。 今回はジャパニーズウイスキーについて書いていきます。 それではやっていきましょう。 ジャパニーズ ①サントリー ②ニッカウイスキー(アサヒビール) ③キリン…

ウイスキー基礎知識 第4回:世界の五大ウイスキー(中編)

// ウイスキー基礎知識4回、世界の五大ウイスキーの中編です。 今回はスコッチとジャパニーズ以外の地域を扱います。 スコッチに関してはこちらを。 chinomia1204.hatenablog.com それではやっていきましょう。 ①アイリッシュ ②アメリカン ③カナディアン 終…

ウイスキー基礎知識 第4回:世界の五大ウイスキー(前編)

// ウイスキー基礎知識4回目、お待ちかねの方も多いかもしれない世界のウイスキーです。 それではやっていきましょう。 世界の五大ウイスキーとは スコッチとは ①スペイサイド ②ハイランド ③ローランド ④キャンベルタウン ⑤アイラ ⑥アイランズ おわりに 世界…

ウイスキー基礎知識 第3回:ウイスキーの歴史

// ウイスキー基礎知識、3回目です。 前回はウイスキーの種類についてお話ししました。 モルトウイスキーとグレーンウイスキー、ブレンデッドウイスキーの違いはもうお分かりになりましたでしょうか。 このウイスキーですが、どこで生まれ、どのように今日ま…

アードベッグ グルーヴス・ケルピー

ちょっと時間軸がだいぶ前後してます、これは…6月始めとかかな? 安いんでまたタイムステーション行ってきました。この記事のところです。 chinomia1204.hatenablog.com 飲みたかったこいつが滑り込みで飲めました。 某アードベッグにハマってる人も今度飲ん…

ウイスキー基礎知識 第2回:原材料からみるウイスキーの種類

ウイスキー基礎知識、2回目となります。 さて、前回お話しした重要なことをおさらいすると ①ウイスキーは穀物が原料 ②穀物によって種類が分かれる ということでした。 それではやっていきましょう。 ウイスキーは、大麦麦芽を原料とするモルトウイスキーと、…

ウイスキー基礎知識 第1回:ウイスキーって何?

さてウイスキー基礎知識の第1回、やっていきましょう。 ウイスキー基礎知識の一回目ということで、今回はウイスキーとは何かということについて扱っていきます。 皆さんのウイスキーに関するイメージはどのようなものがあるでしょうか。 「BARでおじさんが飲…

ウイスキー基礎知識 第0回:醸造酒と蒸留酒

さて、ウイスキー基礎知識の0回目、はりきってやっていきますよ。 ただ、今回は ”0回目” なんです。 なぜ0回目かというと、この回は人によっては読まなくてもいいからなんですね。 じゃあどういった人が読まなくていいのかというと… ここで突然ですがクイズ…

アラン スモールパッチ ブルゴーニュカスク 11年

前回から日にちが空きましたが、この記事の時に飲んだものです。 chinomia1204.hatenablog.com ワイン樽で11年熟成させた、かなり珍しいものです。 僕の好きなアラン蒸留所のボトルですね。 あと、今回から目次つけてみます。 アラン蒸留所とは 今回のボトル…

G & M コニサーズチョイス レダイグ 1998

新たなBar開拓もしていきたいなと思っていた今日この頃。 いい店見つけちゃいました。 funabashi.mypl.net 船橋駅からちょっと歩くのですが、チャージなしでこの雰囲気、品揃えはかなりいいと思います。バーテンダーさんも気さくな方で話も面白かったです。 …

W & M ブナハーブン 14年 

前回と同じく Bar Dio (バー ディオ) - 西船橋/バー [食べログでの一杯です。 アマゾンに商品がなくてリンク貼れないので別のサイトの貼っときます。 graveyard-of-malts.easy-myshop.jp ブナハーブン蒸留所とは スコットランド西部、ウイスキーの聖地アイ…

ボウモア 14年 OMC

西船橋のバー BAR dio (https://tabelog.com/chiba/A1202/A120201/12005219/ )が14周年記念ということで、14年物のスピリッツを中心にいろいろ取りそろえてるみたいです。 5/20(日)までやっているとのことなのでよかったらぜひ。 ということでボウモア14年を…

バルブレア  1997

内定祝いの2杯目です。 下のリンクのボトルに近いんですが、厳密にいうとちょっと違うみたいです。 バルブレア蒸留所とは スコットランドは北東部、北海に臨むドーノッホ湾の近くにエダ―トンという村があります。この村は別名「ピート教区」と呼ばれるほどピ…

スプリングバンク 21年 ブティックウイスキー

内定祝いにいつものバーでいただきました。 そろそろ他のバーも開拓したいなあと思いつつも、ここに満足してるので通ってしまうんだよなあ スプリングバンク蒸留所とは スコットランドは西、大西洋に突き出た細長いキンタイア半島の先端にある、キャンベルタ…

BB & R グレンエルギン 1995 21年

酒の記事は別ブログでやっていくといったな、あれは嘘だ。 いちいちブログ変えるのがめんどくなりました、めでたしめでたし Twitterの垢すら使い分けられないやつがブログ使い分けられるわけねえよなあ!? というわけで、いつものバーで飲みました一杯です…

グレンドロナック カスクストレングス バッチ5

地元のbar( Bar Dio )で頂きました品です。 ボトルの写真がなかったのでほい グレンドロナック蒸留所とは スコットランド北東部、ハントリーという町の郊外に位置するこの蒸留所はスペイサイドとハイランドの境界線上に位置しています。現在ではハイランドに…

ジョニーウォーカー プラチナラベル

誕プレでいただきました品です。 箱がしっかりしてて、外装もボトルもめっちゃオシャレです。 かの有名なブレンデッドウイスキー「ジョニーウォーカー」のハイエンド品になります。 ジョニーウォーカー プラチナムラベル18年 40度 箱入り 700ml 出版社/メー…

グレンモーレンジ オリジナル

デイリーユーズというか、普段のみ用にコスパいいスタンダード品を探していて、その一環がこれ。 グレンモーレンジの10年になります。(http://amzn.asia/521ps2Y) 結論から行くとコスパ最高クラスなんじゃないかなと思います。 グレンモーレンジ蒸留所につ…

トマーティン 14年 ポートカスク

新年初記事です、今年もよろしくお願いします また村田さんのバーに行ってきました 写真撮り忘れたのつらい ということでアマゾンの写真をドン! 僕のふわふわした要望を伝えたところおすすめされたのがこちら トマーティン蒸留所とは スコットランドはハイ…

Impressive cask クライヌリッシュ [1997] 18年

バー篠崎でいただいた一杯です。 この前のグレンロセスと同様、これもボトラーズなので少々ややこしいです。 chinomia1204.hatenablog.com この商品は「印象的で感動を与えるウイスキー」をコンセプトにした、ウイスク・イー社のボトラーズシリーズになりま…

ダグラスレイン オールドパティキュラー グレンロセス[2006] 11年 シェリーバット FOR SHINANOYA & THE WHISKYFIND

錦糸町のバー、josie's well( https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13143787/)に行ってきました 一杯目はジンベースのカクテルをもらい、次にウイスキーのおすすめをきいたところこれを勧められました http://www.shinanoya-tokyo.jp/smartphone/detail…

アードベッグ ウーガダール

父上から「お前が二十歳になったらこの酒を一緒に飲みたかったんだ」と言われ、家族で飲みました アードベッグは10年がスタンダードかと思いますが、ウーガダールという別物です アードベッグ蒸留所とは イギリス北部、スコットランドの西に位置するアイラ島…

グレンファークラス105

マッカランがなくなったので新しいシェリー樽ウイスキー「グレンファークラス 105 1000ml [並行輸入品」を買いました 箱が特徴的ですね グレンファークラス蒸留所とは 場所:スコットランド・スペイサイド "ベンリネス山の恩恵を余すところなく享受1836…

ザ・マッカラン 12年

元々は父の日のプレゼントとして父親に買ったんだけど、父親は一回飲んだきり家に帰って来れないので僕が全部頂くことに 先日、ボウモア12年の記事を投稿したところ、通りすがりの亀さんに「ボウモアってなんですか?」というクソリプ、非常に含蓄のある、あ…

ボウモア12年

業務スーパーで結構少し安かったので、アイラモルトからボウモア12年を買った。 アイラの中ではピートが控えめということだけど僕はこれで十分というか、これ以上はきつい気がする 香り…スモーキー、奥に少しレモンのような香り 味……おだやか。少し甘みがあ…