うさぎは寂しくても死なない

備忘録を兼ねたブログ

アラン スモールパッチ ブルゴーニュカスク 11年

前回から日にちが空きましたが、この記事の時に飲んだものです。

 

chinomia1204.hatenablog.com

 

ワイン樽で11年熟成させた、かなり珍しいものです。

僕の好きなアラン蒸留所のボトルですね。

 

f:id:chinomia1204:20180529131339j:image

 

あと、今回から目次つけてみます。

 

 

アラン蒸留所とは

アラン蒸留所はスコットランド南西、クライド湾に浮かぶアラン島にあります。

この島ではかつてウイスキーが作られており、「アランの水」という隠語で本土を含めた多くの人に親しまれていました。しかし、1836年にラッグという蒸留所が閉鎖されてから160年間、この島でウイスキーが作られたことはありませんでした。

そんな中待望のアラン蒸留所ができたのは、住人の強い後押しのおかげもあったようです。

 

蒸留所にはビジターセンターも完備されており、ウイスキーができるまでの数年間はそれで生計を立てていたようです。アラン島は気候的・地理的に「スコットランドの縮図」と呼ばれ、王室の避暑地に利用されるほど風光明媚な場所だそうです。いつか行ってみたいですね。

 

さてこのアラン蒸留所ですが、現在の蒸留所建設ブームの火付け役となっており、順調に売り上げを伸ばしています。

アラン蒸留所は現在、建設当初の2倍の生産規模を誇っており、さらにアラン島南部に新しい蒸留所を建設予定です(たしか今年できるはず)。やっぱアランって神だわ。

 

今回のボトル

アランのワインカスク11年です。

ワイン樽熟成のものは最近多くなってきているのですが、普通熟成の最後1,2年をワイン樽で行うので、11年ずっとワイン樽はとてもめずらしいです。

 

種類…シングルモルトウイスキー

産地…スコットランド・アラン島

度数…54.2%

樽……赤ワイン樽

 

 

レビュー

色……画像ではあまりわからないと思うんですけど、僕が見たことあるウイスキーで一番「赤い」です。カンパリみたいな色してる。

香り…トップは明らかに赤ワイン。カシス。かなり遅れてアランっぽいバニラ、クッキーを思わせる麦、優しいピート。

味……一言でいうとちぐはぐな味。口に入れた瞬間は様々な種類のドライフルーツが感じられるが、すぐに赤ワインの渋さに隠れる。そこにウイスキーの甘さが加わってよくわかんなくなる。ビターチョコのような余韻。

加水で渋みがマイルドになり、ドライフルーツの甘さとウイスキーの甘さが共存するように。こっちの方が個人的にはおいしい。

 

これは好み分かれると思います。全体的に赤ワインが強めなので、普段ウイスキー飲まないけど赤ワインはよく飲むって人はいいかもしれません。

もっとドライな酒質のウイスキーでやったらうまいかもですが、アランの酒質には合わない気がしました。まあ何事も経験です