うさぎは寂しくても死なない

備忘録を兼ねたブログ お酒(特にウイスキー)のことについてよく書きます

ティーリング 27年 for Three Rivers

これぞトロピカル!

 

f:id:chinomia1204:20190113101734j:image

 

TEELING WHISKY

Irish singlemalt

Aged 27 years

Singlecask

Barreled in Rumcask

Distilled in 1990

53.0% 700ml

 

アイルランドのダブリンに本社を置くティーリングウイスキーから、日本限定のボトルです。

Bar篠崎さんでいただきました。

 

ティーリング蒸留所(ティーリングウイスキー社)とは

アイルランドの首都ダブリンに、2012年に設立された独立系瓶詰め業者であるティ―リングウイスキー社。設立したのは、ジョン・ティ―リング氏です。

ジョン・ティ―リング氏といえば、ハーバード大学アイリッシュウイスキーについて研究した後、アイリッシュウイスキーの復活を志し、今やアイリッシュ四大蒸留所に数えられる「クーリー蒸留所」を設立したことでも有名ですね。

また、ティ―リングウイスキー社は瓶詰めだけでなく、自ら蒸留を行うことも計画されていました。

そうして2015年に、ジョン・ティ―リング氏の息子たちの手によって、ダブリンに満を持して設立されたのがティ―リング蒸留所というわけです。

余談ですが、ティ―リングのシンボルって、何を意味しているかご存知ですか…?

ãã©ã³ãã­ã´

これは、ウイスキーを蒸留するポットスチルと不死鳥を掛け合わせ、「アイリッシュウイスキーの復活」を意味しているんだそうです。

 

今回のボトルについて

今回のボトルは日本の独立瓶詰め業者兼インポーター(であってるのかな?)であるスリーリバーズさん向けの日本限定ボトルで、シングルカスクの27年熟成となっています。

ここで問題になってくるのは中身は何かということ。

ティ―リング蒸留所は2015年設立なので全然無理ですよね、あとティ―リング氏がいたところでいうとグレートノーザン蒸留所ですがここも2015年操業なので時代が合わない、ということで個人的にはクーリーなのではないかと予測しています。

なにか知っている方いらっしゃいましたら、コメントをいただけるとありがたいです。

 

テイスティング

香り…やや香ばしい麦感から、白ブドウ、桃のジューシーさ、パパイヤ・マンゴーの妖艶なトロピカル感

味…口に含むとジューシーの一言、白ぶどうからはじまり、さまざまな果実が口の中を駆け巡る、アイリッシュだが、ボディは厚めで粘性もある。後半はパッションフルーツ・マンゴーなどのトロピカル感が支配的

 

トロピカルとしかいえない味でしたが、とても美味しかったです。

ラムカスクウイスキーを初めて飲んだのですが、とても好印象でした。

ラムカスクといえば、2018年のスプリングバンク 21年が良かったと聞くので、ぜひ飲んでみたいですね。

それではまた。