うさぎは寂しくても死なない

備忘録を兼ねたブログ お酒(特にウイスキー)のことについてよく書きます

シェリーミュージアムに行ってきた

以前から気になっていたお店、シェリミュージアムに行ってきました。

 

sherry-museum.jimdofree.com

 

シェリミュージアムは、日本におけるシェリーの第一人者、中瀬航也氏が一人で切り盛りするシェリー専門店です。

シェリーは好きでちょこちょこ飲んでいましたが、体系的な知識やいろいろな種類を飲んでみたいなあとこの度訪れてきました。


お店はJR五反田駅の西口を出て数分ほど、川に面した場所にあります。

店内は10席ほどでこじんまりとしています。ほとんどがカウンターで4人掛けのテーブルなどはないため、大人数で行く場合は注意が必要かもしれません。

 

まずはフィノ・オロロソ・ペドロヒメネスと3種のみ比べ。

これをベースに、味の好みをオーダーしていきます。

f:id:chinomia1204:20200212083830j:image

マスターに1質問すると10返ってきてとても楽しいです。

産地による違い、シェリーの種類の違い、シェリーの歴史とそれに倣う保存期間の話。

無限にお話が聞けます。

 

2杯目のオーダーはフィノのさっぱり感とオロロソの香りが気に入ったので、「香りがいいアモンティリャード」をオーダー。

f:id:chinomia1204:20200212083843j:image

これ香りがとても良いです。

白ワインっぽいミネラルとさわやかさがありつつもオロロソのきれいな熟成感。

味はさっぱりしているので、前菜や料理にベストマッチ。

 

またフードが美味いんですこの店。

f:id:chinomia1204:20200212213407j:image

シェリーとのマリアージュがどれも素晴らしかったです。

 

3杯目

シェリーを作っている地域、へレスのブランデーをいただきました。

コニャックよりいい意味で個性がなく、柔らかく緩く飲みやすい。水割りやソーダ割でも美味しい、デイリー向けのお酒です。

f:id:chinomia1204:20200212083928j:image

また、これのlightという方はさらに度数が低く、ミードを思わせる甘さが素晴らしい。これ買いたいなあと素直に思わされました。

 

4杯目

個人的BEST。僕はシェリーの中でもモスカテルという、マスカット酒から作ったものが好きなのですが、これは「モスカテルだけどシェリーではない」。

f:id:chinomia1204:20200212083955j:image

へレスではなく、スペイン北部バスク地方アラゴン州で作られているためシェリーは名乗れません。

レモンティーのような、特に高級な茶葉を感じさせる味が素晴らしい。甘さはかなりあるものの上品で、ずっと飲んでいられます。

 

5杯目

ピスコという、チリやペルーで作っている、マスカットのブランデー。

f:id:chinomia1204:20200212213100j:image

樽熟しないため透明ですが、マスカットの香りがふんわりとして、飲んでも未熟なアルコール感はありません。

自然な甘さがしてとても飲みやすいです。ラベルも女子ウケです。

 

この他にも、トマーティンのモスカテルフィニッシュや、カナリア諸島のラムなど色々頂きました。

 

とても素敵な時間を過ごしてくれたマスターに感謝して、また伺おうと思います。

皆さんもぜひ行ってみてください。

 

それでは。

レディ オブ ザ グレン ブルイックラディ 1991-2018

甘美で綺麗なラディでした。

f:id:chinomia1204:20200127181251j:image

 LADY of the GLEN
BRUICHLADDICH Distillery
Isray's Singlemalt
Aged 27 years
1991-2018
51.3% 700ml

 

レビュー

香り:やや酸味を伴う麦の香り、カルピス、レモンヨーグルト。アプリコット。洋菓子を思わせる甘さに、上品なピートがほんのりと添えられている。

味:口に含むと香りよりもアタックはつよい。コクのある麦感とフルーティな甘味が広がる。香りと同様にフルーツ+洋菓子感、レモンタルト。生クリーム、メレンゲのようなクリーミーさ。徐々に塩とピートが後を引き締め、余韻は長く、あたたかく、ほどよくビター。

 

感想

 

レディ オブ ザ グレンは元銀行員であったグレゴール・ハンナがスコットランドのファイフに2012年に設立した新進気鋭のインディペンデントボトラー「ハンナ ウイスキー マーチャンツ」のブランドです。このブランド名はグレゴールが好きなスコットランドの物語「ザ グリーン レディ」に登場するヒロインのキャラクターに由来します。

スコットランドボトラー、レディオブザグレンから、91VTのホグズヘッドの熟成です。

長熟ラディは実は飲むの初めてなのですが、こんなにうまいと思っていなかったです。

閉鎖前の原酒はこんな感じだったのですね。フルーティさにピートと潮気が下支えする、好みドストライクなボトルでした。

 

某酒屋さんで定価30%offで売ってたのを逃したのは後悔しかありません。まあ飲む前だったので仕方ないですね、お酒との出会いは一期一会なのです…

(とか言いながら、マスター曰く92がよいVTらしいので、92のおすすめをフォロワーに教えてもらって買ったのは内緒です)

 

 

ブルイックラディ蒸留所とは 

 ブルイックラディ蒸留所はアイラ島の中でもかなり西に位置します。ちょうどボウモア蒸留所の対岸といったところでしょうか。アイラ島自体がスコットランドの西に位置するので、キルホーマン蒸留所ができるまで、ブルイックラディ蒸留所がスコットランドで一番西の蒸留所でした。

ブルイックラディ蒸留所の操業は1881年と古いものの、1994年に閉鎖されてしまいます。そんな中、元ボウモアのマスターディスティラーであるジム・マッキューワン・ボトラーズのマーレイマグダット社が中心となり、ブルイックラディ蒸留会社を設立し、蒸留所を買い取ります。そして2001年の春、めでたくオープンとなりました。

このような背景から、数少ない独立資本の蒸留所の一つであり、さまざまな面白い試みが行われています。

 

オフィシャルのラインナップはライトピートの「ブルイックラディ」、ミディアムピートの「ポートシャーロット」、そして(ウルトラ)ヘビーリーピーテッドの「オクトモア」をリリースしています。ピートの焚き具合でラインナップを分けるのは珍しい気がします。

また、最大の特徴として、テロワール*1に非常に強いこだわりを持っていることが挙げられます。

スコットランド本土だけでなく、アイラ島の農家とも契約を結び大麦を仕入れ、熟成~ボトリングに至るまでをすべてアイラ島で行っています。(他のアイラの大手蒸留所は、熟成庫がスコットランド本土にあったりします)。

こうすることで、アイラ島に根ざした味を作り、また島に雇用をもたらそうとの狙いがあるようです。

ブルイックラディ蒸留所が作っているジン「ボタニスト」も、ボタニカルの大半にアイラ島の植物を用いており、このことからもテロワールへのこだわりが見えると思います。

また、古代品種の試験的な栽培を行っていたり、将来的にフロアモルティングの構想があったりと、そのユニークさは留まることを知りません。

 

最後に

蒸留所のこだわりがすごいのでつい長くなってしまいました。

現行オフィシャルは比較的短熟ながら、どれもそれを感じさせないとても良い作りになっていると思います。再オープン後の原酒がそろそろ18~19年になり、中~長熟がボトラーズからリリースされ始めており、今後のリリースも目が離せません。

前回のキルケランもそうでしたが、こういった2000年以降の原酒が美味しい所があると、ウイスキー業界の先行きは明るいなとうれしくなります。

皆さんもぜひ飲んでみてください。それではまた。

 

 

 

 

*1:ワイン、コーヒー、茶などの品種における、生育地の地理、地勢、気候による特徴を指すフランス語である。 同じ地域の農地は土壌、気候、地形、農業技術が共通するため、作物にその土地特有の性格を与えるWikipediaより)

キルケラン 12年

今一番期待している蒸留所です。

 

f:id:chinomia1204:20200121082049j:image

Mitchel's GLENGYLE Distillery

KILKERRAN

Campbeltown's single malt

Aged 12 years

Now on Sale

46% 700ml

 

 

レビュー

 香り:乾いた土のようなほろ苦さと麦芽の甘さ。クッキー、レモンとホワイトペッパーのさわやかさ、潮気。

味:少し粘性のある口当たり。麦芽主体の風味に、はちみつとレモンのアクセント。香りでも感じたほろ苦さ・乾いたスモークが徐々に強くなり、潮気とともに余韻に残る。加水すると麦芽の甘味が増す。

 

グレンガイル蒸留所とは

キャンベルタウンにあるグレンガイル蒸留所は、創業1872年と歴史のある蒸留所です。

しかし、1925年生産停止と同時に閉鎖されて以来、本来の姿を取り戻すことはありませんでした…

そんな中、スプリングバンク蒸留所の経営者、ヘドレー・ライト氏が蒸留所復活を試み、スプリングバンク資本の元、2004年に蒸留が開始されます。(前にあった蒸留所とは別物となるようで、再開ではなく開始です)

元々蒸留所が近かったことや、仕込みに使う麦芽や水が同じことから姉妹蒸留所のような関係になっています。

再稼働当初はスプリングバンクのスタッフが稼働させていたようですが、今は完全に独立しているようです。

 

ちなみに、スプリングバンク資本によるグレンガイル再建にはいろいろと裏があるようで…

そのあたりが知りたい方は

islaywhiskey.hatenablog.com

Twitterのフォロワーさんのこちらの記事をご参考ください。

 多分日本語で一番キルケランの情報が書いてある記事だと思います。

 

スプリングバンク蒸留所って何!?って方は

chinomia1204.hatenablog.com

 

こちらをご覧ください。

感想

今僕が一番注目している、グレンガイル蒸留所。

スプリングバンクが年々高騰する中、キャンベルタウンモルトに求めるものがよいバランスで備わっているこの蒸留所の評価が上がるのは必然とさえ言えます。

 

ちなみにこのキルケラン12年はこの美味さでアンダー5000円。

5000円以内のボトルで一番のおすすめなので見かけたらぜひ飲んでみてください。

少し癖はありますが、加水すると麦芽の甘味が増し、程よいピートで水割りでもハイボールでもなんでも使えるデイリーユースの申し子。僕もあと数本家に欲しいと思っています。

UK向け15周年記念ボトルもとても美味しかったらしいですし(どこかで飲みたい…)、今後の展開がとても楽しみです。

 

なんでキルケランって名前なの?

 最後にオマケというか豆知識。

グレンガイルという名前は同じキャンベルタウンの蒸留所「グレンスコシア蒸留所」に商標登録されており使えなかったみたいです。

キルケランというのはキャンベルタウンの昔の名の由来にもなっている聖キエランが由来となっています。

 

いろいろ秘められたエピソードもあって面白いですね。これからのこの蒸留所にも注目していこうと思います。

 

それではまた。

今年はちゃんとブログ書きます


皆様、お久しぶりです。


だんだんとブログを書かなくなり、月に見た映画のまとめだけになっていましたが、それも半年ほど滞っていました。
ですが2019年を振り返ると、ブログを書かなったことにより知識を得ようとすることが少なくなり、良くなかったなと反省しました。


ということで2020年は気持ちを新たに、ちゃんとブログを書いていこうと思います。
ネタとしては変わらずお酒(特にウイスキー)に映画やドラマの感想などかなと思っています。
情報系の話題を発信していきたい気持ちもあるんですがこのブログで良いのかという悩みもありつつ…まあぼちぼちやっていきます。


これだけで終わるのは寂しいのでちょっとお酒について書きます。
結論からいうと、ウイスキーの記事を書く割合は少なくなるかもしれません。
ここ数年のウイスキーインフレは留まることを知らず、マジで買えなくなってきています。その中でウイスキーだけに目を向けていてはダメだな、と…


今年はラムやシェリー、ワインなど新しい知識を得ながら、ウイスキーは2000年代の楽しみな蒸留所と自分の気に入った味を追い求める。 そんな一年にしたいと思っています。
私事ではありますが、大きな生活環境の変化も待ち受けており、更新ペースはそこまででもないと思いますが、温かく見守っていただけると幸いです。


それでは。

MCU一気見した話

タイトル通りの話です。

ディズニーデラックスが初月無料だったので、これを機に見るかと思って見始めたら、アベンジャーズエンドゲーム間に合うかもしれないってことで、2週間で一気見しました。

www.disney.co.jp

 

 

そもそもMCUって?

これ、マーベルに詳しい人にとっては当たり前なんですが、僕みたいな一つも見たことがない人にとっては、XMENシリーズとの区別やらなんやらわかんないんですよね。ってことでメモがてらまとめます。

 

MCUとは、Marvel Cinematic Universeの略であり、マーベルスタジオが制作するシェアードユニバース作品ってwikiに書いてあります。

要するに、複数のヒーローコミックの実写化が一つの共通世界として行われるよって話です。

アベンジャーズという作品が、単独の作品に出ていたヒーローが合流し戦うという集大成的なものになっています。

アイアンマンからスパイダーマン FFHまでがインフィニティサーガという一覧の流れとなっています。

その中にもフェーズという概念がありますが、とりあえず割愛。

そのため、今やってるスパイダーマンを理解するには、最低でも一作目のスパイダーマンホームカミング、できればアベンジャーズエンドゲームまでの知識が必要です。

あと、MCU見たいと思ってる人には、エンドゲームのネタバレがこれでもかと入っているので要注意。

 

X-MENとの違いは?

 X-MENもマーベルコミックから派生したもので、こちらはミュータント(突然変異で生まれた能力者)のチームです。

デッドプールとかすごい人気でしたよね。

なぜアベンジャーズX-MENが出てこないのでしょうか。これには版権が関係してきます。

MARVEL社は経営難の際に、実写映画化の版権を配給会社に売ってしまったんですね。

具体的には、スパイダーマン→コロンビア、X-MENシリーズ→20世紀FOXという感じですね。

そのせいで、系統が分かれてしまったというわけです。

 

しかしながら、コロンビアはアメイジングスパイダーマンの失敗により、新スパイダーマンにおいてマーベルの親会社ディズニーと事業提携し、晴れてMCUの仲間入りができるようになったわけです。

同様に、X-MENシリーズの版権を持っていた20世紀FOXはディズニーの子会社となったため、今後MCUと合流していくようです。

 

見た作品

見た作品は以下の通りです。

キャプテンマーベルだけまだレンタルが始まっていなくて見れませんでした。

それぞれの感想を書こうと思ったのですが、あまりに多いので挫折しました。

 

・アイアンマン

インクレディブル・ハルク

アイアンマン2

マイティ・ソー

キャプテン・アメリカ ザ ファーストアベンジャーズ

アベンジャーズ

 

アイアンマン3

マイティ・ソー ダークワールド

キャプテンアメリカ ウインターソルジャー

ガーディアンズ オブ ギャラクシー

アベンジャーズ エイジオブウルトロン

アントマン

 

シビルウォー キャプテンアメリカ

・ドクターストレンジ

・ガーディアンオブザギャラクシー リミックス

スパイダーマン ホームカミング

・マイティソー バトルロイヤル

ブラックパンサー

アベンジャーズ インフィニティウォー

アントマン&ワスプ

アベンジャーズ エンドゲーム

 

いやー6月真ん中の2週間はひたすら映画見てたので若干つらかったんですが、それよりもエンドゲームを映画館で見れた感動が大きかったですね。

3時間あったんですが、すごく内容が濃くて、一瞬で3時間経ちました。もうラストの戦闘シーンは熱すぎて泣きそうになりながら見てました。

 

個人的にゴリゴリ肉体系よりも遠距離タイプの方が好きなので、アイアンマン・ホークアイ・ドクターストレンジ・スカーレットウィッチあたりが好きですね。

特にスカーレットウィッチは能力も女優さんも好きです。

 

今後さらに加速していくこのMCU、まだ見ていない方はぜひ見てみてください。

 

 

最近見たもの 2019 5月編

 ウイスキー記事を書く気力はないけど、こっちを書く気力はなぜかある。

というのも、一日往復2.5hくらい映画かドラマ見てるので、月換算50-60時間になるんですよね。

そんだけ見てたらまあ備忘録書きたくなるってものですよ(?)。

 

というわけでいつも通り、極力ネタバレしない方向でやっていきます。

 

映画

・スティング

スティング (字幕版)

 

オーシャンズ11が好きなら絶対見ろといわれたので、primeに入ってなかったけど見てみました。

架空の人物になりすまし、相手の信用を得て詐欺をする、いわゆる信用詐欺系の元祖みたいです。

構成がうまくまとまっててかなり面白かったです。ただ、後世に与えた影響が大きすぎて、めっちゃ見たことあるシーンが多々出てきます(こっちのシーンを別の作品がオマージュしてるだけですが)。そういった意味での新鮮さはないです。

 

メメント

メメント (字幕版)

 

俺たちのクリストファーノーラン監督作品。ある事件をきっかけに前向性健忘(ある時点以降の記憶をすぐ忘れてしまう)になってしまった主人公が、犯人を追う話です。

構成が作りこまれていて、めっちゃ難しいんですけどめっちゃ面白かったです。

ただ、ラストの解釈が難しくて、考察サイト巡った結果、僕の中ではとても後味悪い解釈になりました。

それも含めて、かなり異色な作品といえるでしょう。

 

オーシャンズ11(2回目)

オーシャンズ11 (字幕版)

 

来ました、大好きな映画です。スティングみたし色々気づくところあるかなーと思って二回目見てみました。

有名なので解説は不要と思いますが、銃や殺人などのシーンが全く出てこないクライムアクションです。

とりあえず見てください。見ればわかります。

出てくる人みんなかっこいいし、構成は作りこまれているし、老若男女問わずオススメできる作品だと思います。

 

・ボーン・アイデンティティ (2回目)

ボーン・アイデンティティー (字幕版)

なんとなくまた見たくなったので。これもかなり好きな作品ですね。

記憶を失い名前すらわからない主人公が自分の正体を追う作品です。

マッド・デイモンのアクションがとにかくやばいです。

「アクション版ホームアローン」って勝手に呼んでますが、身の回りのものを使って戦ったり、逃げたりします。

3部作がまとまっているので、「ボーン・アイデンティティ」→「ボーン・スプレマシー」・「ボーン・アルティメイタム」と見ることをお勧めします。

 

 ・マッドマックス怒りのデスロード

マッドマックス 怒りのデス・ロード(字幕版)

 

ちょっと前に話題になりましたね。ご存知、砂と鉄と血の世紀末映画です。

MADMAXシリーズはもう好みというか、好き嫌い分かれると思いますが僕は嫌いじゃないです。頭からっぽにしたい方オススメ。

 

マイノリティ・リポート

マイノリティ・リポート (字幕版)

 

俺たちのスティーブン・スピルバーグと俺たちのトム・クルーズが手を組んでます。

AIが犯罪を予測する近未来云々って感じの映画ですが、トム・クルーズはいつもの調子で暴れまくってました。

思ってたよりアクション要素強かったですが、そういうの好きなら面白いと思います。

 

ドラマ

・ウエストワールド(シーズン2)

ウエストワールド 2ndシーズン ブルーレイ コンプリート・ボックス(初回限定生産/1~10話/3枚組/アウターボックス付) [Blu-ray]

 

いやーこれね、この問題作(誉め言葉)。見るたびに胃が痛くなります。

シーズン2になって、このドラマの描きたかったものが見えてきた気がします。

ただシーズン2は時間軸行ったり来たりしすぎて(まあそれもあって騙されましたが)、さっきいたはずのキャラがいなくなっててこれはいつの話なのかとか、理解するのがまあ大変でした。

でもそれを補って余りある面白さだと思います。

シーズン3からは大きく舞台も変わり、さらに物語は激しさを増していくと思いますので、今からとても楽しみです。

 

ストレンジャーシングス(シーズン1,2)

www.netflix.com

 いや、今回の記事の目玉はこれ。正直、今まで見た作品の中でもかなり上位にはいるんじゃないかって面白さでした。

Netflixオリジナルなのが惜しい。みんなNetflix入ろう。

物語としては、少年少女×異世界(?)のバケモノ×少しのSF・超能力要素という感じで、王道中の王道です。

いわゆるジュブナイル小説ティーン向け小説)なんかにありそうな感じ。

でも、それがいい。舞台が1980'sくらいのアメリカということもあり、古き良き感じがとても合っています。

老若男女、だれが見ても楽しめ、ワクワクするドラマだと思います。

2019年の7月からシーズン3の放送も予定されており、とても楽しみです。

 

 

ブラックリスト(シーズン1)

ブラックリスト - オフィシャルサイト

日本でやったら、「もし極悪犯罪者の情報をすべてまとめたリストを持った犯罪者がFBIに協力したら 」ってタイトルになると思います()

まあそんな感じの刑事ドラマなのですが、出てくる事件が実際の犯罪を元にしているのでリアリティがあります。

さらに、一話完結型としての楽しさと、主人公とリストを持った犯罪者、周りの人間関係が変わっていくシリーズものとしての楽しさを持ち合わせており、飽きることなく見終わってしまいました。

シーズン5まであるので、ボチボチ見ていこうと思います。

 

どんだけ見てるんだ俺(驚愕)。

6月版もやりたいと思います。

それでは。

 

 

 

 

 

最近見たもの3

前回の続きです。

ということで四月分ですね。通勤に往復3時間以上かかってるのでめっちゃ見てます。

前回はこちら。

 

chinomia1204.hatenablog.com

 

 

映画

インターステラー

インターステラー(字幕版)

 

クリストファーノーラン監督が送る、壮大なSF映画

なんか物理学者が監修してるかなんかで、理論的な話がすごいみたいです。正直見てる時はよくわからなかったですが、解説読んでエウレカしてました。

スケールと映像美で面白かったんですが、事が起こるまで長い(そもそも映画も3時間近い)のと、オチは割と予測できるので(僕は予想通りでした)、好みは分かれると思います。僕はかなり楽しめました。

 

ジュラシックパーク

ジュラシック・パーク(字幕版)

 

説明不要シリーズ。見たことなかったので見てみました。

問答無用に面白かったです。しかし、まあこれはしょうがないことですが、昔のSFって今考えるとって技術が多かったりして微妙なんですよね。

ただ、このスケールのものをこんな昔に思いつくのはさすがとしか言いようがありません。

あと、ジョーズもそうなんですが、恐い絵を撮るのがめっちゃうまいですね、びくびくしながら見てました。

 

バンク・ジョブ

ジェイソンステイサムが送る、実話に基づくクライムサスペンス。

題名通り、銀行強盗の話です。

この作品、ステイサムがアクションしません!!!!

さすがにキレそうになりました、何のための配役だと。

映画自体は普通でした。

 

ユージュアル・サスペクツ

ユージュアル・サスペクツ (字幕版)

 

これはやばかったです。癖は強いし好み分かれるけど、好きな人はめっちゃ好きだと思います。僕はめっちゃ好きです。

ネタバレしちゃいそうなので何も言いません。

ただ僕は記憶を消してもっかい見たいです。これはぜひ見てほしい。

 

ブラッド・ダイヤモンド

ブラッド・ダイヤモンド (字幕版)

 

アフリカのダイヤをめぐるお話。レオ様がかっこいい。

ちょっとドキュメンタリー的な感じもありますが、気の抜けない展開でかなり面白かったですね。

 

アニメ

・ケムリクサ

Episode.1

 

けもフレたつき監督が贈る新作アニメ。

この人はほんと天才ですね。一話わけがわからなすぎて切ってしまったのですが、全部見た今なら、めっちゃ面白く感じると思います。

伏線や謎が多いので、そういうの好きなら絶対見た方がいいと思います。

続編を仄めかせるような描写もありましたがはたして…?

 

ドラマ

・ウエストワールド(シーズン1)

目覚め

 

いい感じの商品紹介画像がなかった…。「バンドオブブラザーズ」や「ゲームオブスローンズ」で有名のHBOと、クリストファーノーランの弟、ジョナサンノーランが送る、サイエンスホラーです。

すごくざっくりいうと、人間そっくりに作られたアンドロイドたちのお話です。「科学の反乱」や「人間とは、心とは」みたいなのがテーマなのかなと思います。

 

いやこれほんとにめっちゃ面白いです。謎や伏線が綺麗に計算されていて、ただただすごいです。ですが、ホラーチックな映像や、えげつない描写があるため、そういうの無理な人は無理です。

もうなんか何言ってもネタバレになる気がするので見てください。

 

 

ということでまとめでした。5月もやろうかなと思ってます。それでは。