うさぎは寂しくても死なない

備忘録を兼ねたブログ お酒(特にウイスキー)のことについてよく書きます

コルディエラ・ピノ・ノワール・ブリュット・ブラン・ド・ノワール

なかなか良い泡でした。

f:id:chinomia1204:20200628161121j:image

種類:スパークリングワイン

国:チリ

地域:セントラルヴァレー

生産者:ミゲルトーレス

品種:ピノノワール100%

参考価格:1000円台真ん中

購入元:ENOTECAさん

 

レビュー

色は輝かしいゴールド。洋ナシや花のいい香り。

口に含むと、香りの印象より厚みがある。わずかにデザートワインのようなコクを感じつつ、フレッシュな果実味と泡の爽快感で綺麗な余韻。

 

生産者情報

ENOTECAさんのサイトから抜粋します。

コルディエラ・ピノ・ノワール・ブリュット・ブラン・ド・ノワール | エノテカ - ワイン通販

 

スペインワイン界を牽引する名生産者トーレスは、ヨーロッパのワイン造りの伝統と技術を携え、1979年よりミゲル・トーレス・チリとしてチリにおいてワイン造りをスタート。チリワインの品質の向上に貢献した先駆け的ワイナリーであり、生み出すワインは各国のワイン・コンペティションで数々の高評価を獲得しています。 こちらのコルディエラ・ブリュット・ピノ・ノワールは、ミゲル・トーレス・チリが特別なこだわりを持ってリリースする「コルディエラ」シリーズのスパークリングワイン。「コルディエラ」とは、スペイン語で山脈を意味し、その名の通りアンデス山脈テロワールを最大限に表現。ブドウ品種ごとに最適な土地を厳選し、少量生産ながら、ワンランク上の高品質なワインを生み出しています。

 

ブドウは、 クリコ・ヴァレーで栽培されるピノ・ノワールを100%使用。西側からペルー海流の影響を受けると同時にアンデス山脈からの冷たい風が吹き下りるクリコヴァレーでは、昼夜の気温差がとても大きく、凝縮したピノ・ノワールが育ちます醸造シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵を採用。発酵後はシャンパーニュの最低熟成期間である15ヶ月とほぼ同等の最低12ヶ月という熟成を経た後に澱抜きがなされることにより、うま味の詰まった本格的な味わいを実現しています。手頃な価格帯でありながらも手間暇を掛けた驚くほど上質なスパークリングワインです

 

 スペインワインの有名な生産者トーレスがチリで作っているワイナリーのようです。

シャンパンとほぼおなじ製法ながら価格は抑えられているという、消費者にとってありがたいワインですね。

 

総評

トーレスコスパが良いと聞いていますが、ミゲルトーレスも同様ですね。

個人的に、シャンパンと名乗れないけど製法はほぼ同じスパークリングワインはコスパが高くておすすめです(価格帯によって玉石混合ではあるので注意)

皆さんもぜひ飲んでみてください。

 

それでは。

久しぶりのBar Nadurraさん

東京都もSTEP3に入り、Barも続々と営業再開・平常営業に戻ってきています。

というわけで、久しぶりに池袋のBar Nadurraさんに行ってきました。

 

個人的Nadurraさんの推しポイント

Nadurraさんは通勤途中にあるということもあり、この一年本当によく伺いました。

個人的にとても気に入っているBarなので、推しポイントを紹介します。

 

ウイスキーの品ぞろえがとても良い!!!

→ 話題のボトルから懐かしいボトル、マイナーボトルまで、かなりの量そろっています。

・カクテルもおいしい!!!

→フレッシュフルーツを使ったカクテルや、豆から挽くアイリッシュコーヒーなど、季節に合わせたカクテルを丁寧に作ってくれます。

・全席禁煙・明るい・看板にメニューでBarに初めて行く方におすすめ!

→これ大事なことです。僕は喫煙しないので、禁煙の方がどちらかといえばよいです。

店内も比較的明るく、メニュ-や価格帯もわかりやすいため心理的ハードルはあまりないかと思われます。

 

飲んだもの

パッションフルーツクランベリーのカクテル。

めっちゃトロピカル、70年代やんこんなん。

パッションフルーツ好きです。

f:id:chinomia1204:20200616173558j:image

 

ウイスキートレイル レトロカーシリーズ グレンエルギン 2007-2020

小粒だけど間違いない味。値段考えるとコスパ◎。

一杯目にいいね。

f:id:chinomia1204:20200616173446j:image

 

京都の新規ボトラーズ Kyoto Fine Wine and Spiritsさんから、通称鹿バンク。

ラベルも綺麗だし、ミネラル感から徐々にフルーツが開いてきて美味しい。

素晴らしいリリース。(ボトル買いたかった…)
f:id:chinomia1204:20200616173440j:image

 

富山の酒屋さんモルトヤマさんPBエドラダワー

みたらし団子みたいな味。甘くて濃くてうまい。

この年数のシェリー樽でこんなスムースでこの価格はぶっ壊れてる。

買いたかった…
f:id:chinomia1204:20200616173449j:image

 

年一のArdbeg限定リリース。今回は黒い羊がコンセプトの「Blaaack」。

うーん、アードベッグって味。

NWのピノノワール樽だけど、その感じはあんまりしない。

値段も高くないけど、血眼になって探すものでもない気がする。

(個人的にはこのリリースは色物が多すぎてBarで楽しむのがちょうどよいと思ってます)
f:id:chinomia1204:20200616173442j:image

 

席数制限をしておりそんなにがやがやしておらず、静かに癒しの時間を過ごすにはちょうど良いBarだと改めて認識しました。

飲みたいボトルはまだまだあるので、また伺いたいと思います。

 

それでは。