うさぎは寂しくても死なない

備忘録を兼ねたブログ

ANiUTa入りました

最近twitterのTLでよく見かけるANiUTa。ふと思いついて入ってしまいました。

aniuta.co.jp

一言でいえばアニソン定額サービスです。他のサービスを使ったことないので比較はできませんが、割と気に入ってるので紹介します。

 

気に入ってるところ

①曲が多い

まあ有料サービスだし言わずもがなって感じですが。今期のアニメ主題歌もかなり入っていて、スピード・量ともに満足かなって思います。結構90年代とかもあります。

 

Twitterに今聞いてる曲貼れる

TLに自分の好きな曲をごり推せます。これが楽しい。

 

③プレイリストを簡単に共有できる

僕はまだこれ使ってないんですけど楽しそうだなと思います。

カラオケとかライブの予習に最適なんじゃないですかね。

 

気になるところ

①オフライン再生ができない

オンラインのみのサービスとなるので、電波のないところでは使えません。

地下鉄とかで使えるんですかね…通勤とかに利用する人は死活問題な気がします。

 

②PCで使えない

現状スマホアプリのみの提供となっているので、PCで使うときはエミュレータが必要です。1周年を迎えて利用者数も上々な気がするので改善してくれないかなあ。

 

③曲のある/ないが激しい

版権の問題なんでしょうが、ANiUTaにがっつり入ってるアニメ・アーティストと、まったく入ってないアニメ・アーティストが分かれています。

自分の聴きたい人・アニメが入ってないのは悲しいので、迷ってる人はもし周りに使ってる人がいれば、その人に一度触れせてもらうといいかもしれません。

LiSAとかkalafinaは一曲も入ってない気がします。

アニメはランキング見る限り、バンドリ・ラブライブマクロスワルキューレ)の3強なんですかね。

個人的にはバンドリ追えるのが大きいです。

 

ダーッと書きましたが、こんな感じですかね。

ライブの会員選考とかもあるしとりあえずは引き続き使っていこうと思っています。

いのりんのソロ曲とまれいたそのnewアルバム頼むぞANiUTa。

 

 

 

最近していること

大学もゼミしか行かないし、バイトもほぼ幽霊なので割と時間余ってます。

流石にすべて趣味に費やすのはなあということでいろいろ手を出している最中です。

 

基本情報技術者試験の勉強

IT系の知識がこの先必要になるため、これ買って勉強してます。

平成30年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる栢木先生の基本情報技術者教室 (情報処理技術者試験)

「テキストなんていらんやろwwww」って思う方多いかもですが、最初なにも見ずに過去問やってみたけど全くわからなかったので、テキストは必要だなと感じました。

僕の最終目的は合格ではなく理解なので、そういった意味でもテキストある方がいいですね。

Pythonの勉強もぼちぼちしていますが、ある程度ITの知見を得てからの方がスムーズに入ってきそうだなと思ってこっち優先してます。

 

②ラジオ英会話

このままいけば今年度で大学生終わるので、夏とか冬とか春とか海外旅行行きたいなと思っています。

イタリア行ったときに自分の英語力のなさを痛感したため、これ(ラジオ英会話 | ストリーミング | マイ語学 | NHKゴガク)きいてます。

一回15分でスキマ時間にできる。ストリーミングで前の週の聴ける。難易度はぶっちゃけかなり簡単なので高校レベルからリスニングの基礎を身に着けられる。簡単な英作もある。って感じで割と気に入ってます。

僕はlolの動画見ながら聴いてます。

 

③筋トレ&ランニング

これは大学入ってからやったりやらなかったりって感じが続いてましたが、時間できたし習慣化していきたいなあと。やっぱり健康維持という面もありますしね。

僕は腹筋が生まれつきくそ弱いので(一番筋トレしてた時でも自分の力で腹筋ができない)、筋トレは腹筋中心であと腕立てとか。わりと適当です。

 

あとランニングはまだ始めてません。

靴がぶっ壊れてて始められない状況なので、靴早く買って始めたいですね。

文章におこすことで逃げられないようしていくスタイル

 

まあこれやってもそこそこ時間あるので、後の時間は遊んでいきたいですね。

 

 

BB & R グレンエルギン 1995 21年

酒の記事は別ブログでやっていくといったな、あれは嘘だ。

いちいちブログ変えるのがめんどくなりました、めでたしめでたし

Twitterの垢すら使い分けられないやつがブログ使い分けられるわけねえよなあ!?

 

というわけで、いつものバーで飲みました一杯です。

f:id:chinomia1204:20180413114921j:image

 

グレンエルギン蒸留所とは

 スコットランドはスペイ側の西にあるグレンエルギン。ロングモーン、クレイゲラキなど様々な蒸留所が立ち並ぶ幹線道A941に隣接しています。

創業は1900年ですが、受難の時代を経て現在はディアジオ社の系列になっています。

シングルモルト知名度としては高くなく、ブレンデッドウイスキー「ホワイトホース」の核となる原酒ということでよく知られています。

 

BB & Rとは

正式名称ベリーブラザーズ&ラッドらしいです。

初めて聞いたとこだったのですが、ロンドンの老舗酒商で、主にワインを扱っているみたいです。

18世紀、キングジョージ3世の時代から現在まで、ロイヤルファミリーにワインを供給してるとかなんとか。

 

今回のボトル

種類…シングルモルトウイスキー

産地…スコットランド・スペイサイド

度数…53.1°

熟成…21年

樽…バーボン樽(ホグズヘッド)

 

BB & Rが瓶詰めした、グレンエルギンの21年です。

カスクストレングスなので、一つの樽の原酒を混ぜ合わせず、そのまま詰めています。

 

レビュー

色……やや深みのある黄金色

香り…柑橘系を思わせる香りに、麦の甘い香りが重なる。バニラ。総じて優しい香り立ち。

味……フルーティでみずみずしい。桃、リンゴ。オレンジ。21年の割にはスムース。後の方に樽が出てきて、ローストしたナッツのような香りとややシロップっぽい甘さが抜けていく。

 

優しい味わいのおいしいウイスキーでした。なにかが突出してるわけではないけど、だからこそ飲み疲れしない、これぞスペイサイドという印象です。

ブログ再開のお知らせ&カイ=サについて

就職活動のためにブログの更新止めてましたが、一段落したのでまたぼちぼちやっていきます。

 

さて初めてのlol記事です。

とりあえずポン。

f:id:chinomia1204:20180410134448p:plain

ノーマルで20戦ほどカイサ回したので色々書いていきます (もっとやってる気がしたけどopgg上はこうなってる)。

 

はじめに

現在(2018/4/10)champion gg (http://champion.gg/champion/Kaisa/ADC)で

勝率53.30% (ADC2位)

pick率9.1% (ADC4位)

はっきり言ってOPです。ナーフされると思います。

 

何がそんなに強いの?

①Passive

腐食痕: 敵ユニットに対するAA毎か付近の味方チャンピオンが移動不能CCを与える毎にプラズマ(4s)を1スタック付与し(最大4スタック)、4スタックを超えた時に全スタック消費して対象の減少HPに応じた追加魔法DM(建物には無効)を与える。Lv1/4/7/10/13/16で追加魔法DMの割合が増加する。

追加魔法DM: [対象の減少HP × 15/16/17/18/19/20%] (+0.0375AP) 

この追加魔法ダメージにより意味わからんバースト出ます。自分で使ってても急に相手が消えてびっくりします。

 

②W

Active: 指定方向に視界を確保するエネルギー弾を放ち、最初に当たった敵ユニットの真の視界を得て、魔法DMとプラズマを2スタック付与する。

魔法DM: 20/45/70/95/120 (+0.45AP) + [AD × 150%]

共生兵器: プラズマを3スタック付与するようになり、敵チャンピオンに当たった場合にこのスキルのCDが50%解消する。

Cost: 55/60/65/70/75MN CD: 22/20/18/16/14s Range: 3000

圧倒的Range!!!!

視界確保、Assasinの始動、KSと色々使えるUtility高いやつ。

hybridもしくはAPビルドにすると進化できるので、①と合わせて笑えるくらいのダメージ出ます。

 

③Ult

Passive: プラズマが付与されている敵チャンピオンの周囲に525の範囲が表示される。また、このスキルの範囲内にプラズマが付与された敵チャンピオンがいない場合、Activeは使用不可になる。

Active: 範囲が表示されている敵チャンピオンの周囲の指定位置に、DMを軽減するシールド(3s)を獲得してリープする。

シールド耐久値: 75/100/125 (+0.75AP) + [AD × 100/150/200%]

Cost: 100MN CD: 110/90/70s Range: 1500/2000/2500

カイサがカイサたる所以。ADCぼこすもよし、シールドと移動合わせてうまく相手のエンゲージをかわすもよし。これによりタワーダイブがかなり楽にできます。

最初知らなかったけど、相手champの周囲どこでも指定できるんですよね。より柔軟に立ち回れますね。

 

④ビルドの幅広さ

PassiveでAAにAPダメージがある、QWRがADAPどっちのratioもあるためビルドがいろいろできます。

よく見かけるのはHybrid >Crit >>APという感じでしょうか。

プロはCritが多い気がします。

 

弱いとこないの?

個人的に感じる弱いとこをいくつか。

①Q進化するまでのレーン戦は強くない

PassiveはLVでダメージが上昇するため低レベルでは脅威にならないです。

また、Qは周りにミニオンがいるとそっちにも分散してしまうため、なかなか単体にバーストを出せないこともあり序盤レーン戦は強くありません。

ここで出鼻をくじかれるとそのまま腐ってしまうことも。

 

②逃げスキルのなさ

唯一のEもMSが1.2-0.6秒間上がるだけです(進化するとインビジブルつくため多少マシになる)。そのため、優勢でガンガン攻めていくときはいいのですが、劣勢の時の立ち回りは他のADC以上にシビアです。

 

結論

JGはレベル3でbotガンクに来い。

 

おわりに

慣れないlol記事だけどなんとか伝わりましたでしょうか。

カイ=サ強いのでnerfまでに使いまくりましょう。

Riotはエロ可愛いスキン早く出して

 

最近見た洋画

突然ですが、暇なときとか休憩に何をするかって時期ごとに結構変わってくるんですよね。

本読みたい期間・ゲームしたい期間・アニメ見たい期間・映画見たい期間…みたいなのがいろいろあって、ぐるぐる回ってる感じ。

 

最近は洋画見たい期間なので、ちょこちょこ見ています。

そのまとめ

 

①トランスポーター

トランスポーター (字幕版)

仕事に厳格なルールを課す運び屋の話。

ジェイソン・ステイサムのアクションと、車よくわからんけどカーアクションがいいと思います(小並感)

あとヒロインがどことなく上戸彩に見える。

 

オーシャンズ11

オーシャンズ11 (字幕版)

11人のスペシャリスト集めて、ドリームチームで盗みをやるぜって話。俳優が豪華。

銃や暴力を用いずに、でもスリリングな展開を作るというポリシーと、伏線の仕込み方が素晴らしい。

11人全員男と知ったときはちょっとがっかりしたけど、ジョージ・クルーニーとブラピがかっこよすぎて、結局キャーキャーいいながら見てた。

 

③96時間

96時間 (字幕版)

娘大好き元軍人お父さんが、娘を取り戻すために頑張る話。…これだけ見ると完全にコマンドー

アクションは年齢を感じさせず、目を見張るものがある。

あとかなり容赦なく殺す。拷問シーンとかもある。

 

ザ・シューター/極大射程

ザ・シューター/極大射程 (字幕版)

タイトル通り、狙撃手のお話。

ただ、アメリカンスナイパーとかと違って、狙撃シーンメインではない。

このあとのエリートスクワッドと終わり方に共通する部分があり、国というシステムを変えるのは難しいなあと感じます。

 

⑤エリート・スクワッド

エリート・スクワッド ?ブラジル特殊部隊BOPE? (字幕版)

ブラジルの特殊部隊の話。

ではあるしこんな感じのパッケージだけど、アクションは薄めで、政治とかがメイン。

ブラジル裏社会の闇が映し出されています(ドキュメンタリーではないけど)。

ラストはマジで後味が悪い。

 

さくっとみて面白いのはオーシャンズ11だと思います。

なんかこれ面白いよってのあったらコメントなりリプください、primeに入ってるものがいいです。

 

 

 

 

 

 

今後の更新について

突然ですが、今後ウイスキーに関する記事は別のブログ

ウイスキーに魅せられて

でやっていこうと思います。

理由は、はてなブログだとカテゴリの階層化が難しいからです。

自分の備忘録として考えた場合、今後ウイスキーを蒸留所ごとや地域ごとに整理したい日が出てくると思います。そういった時に非常に不便だなと感じました。

 

○○に行ったよ!というような日記的なやつはこっちで、需要があるかはしらないけどウイスキーの紹介・レビューはあっちでやっていこうと思いますので、よろしくお願いします。

 

 

グレンドロナック カスクストレングス バッチ5

地元のbar(

Bar Dio

)で頂きました品です。

f:id:chinomia1204:20180126144902j:image

 

ボトルの写真がなかったのでほい

グレンドロナック カスクストレングス バッチ5 55.3度 700ml [並行輸入品]

グレンドロナック蒸留所とは

スコットランド北東部、ハントリーという町の郊外に位置するこの蒸留所はスペイサイドとハイランドの境界線上に位置しています。現在ではハイランドに分類するのが一般的であるようです。

蒸留所の建設は1826年。火災などにも見舞われますが、1960年代以降はティーチャーズの原酒として名を馳せていきます。

現在はシェリー樽100%のウイスキーを販売してることが有名かもしれません。

 

ここからはとてもマニアックな話になります。

このグレンドロナック蒸留所は、ベンリアック社の傘下に入っており、ウィスクイーという会社が代理店契約を結んでいました。

しかし、ベンリアック社がアメリカのブラウンフォーマンという会社に買収されるとともに、ウィスクイーとの代理店契約を終了。終売となります。

もともとグレンドロナックは1996~2002年まで蒸留所を休止しているため、18年や21年は再販されないのでは…と予測が出ているほどです。

(参考:

ウィスク・イーがベンリアック社の3ブランド販売終了を発表 : くりりんのウイスキー置場

 かくいう僕も、18年を年末におさえてあります。

 f:id:chinomia1204:20180127114512j:image

 

グレンドロナック カスクストレングス バッチ5 とは

種類…シングルモルトウイスキー

産地…スコットランド・ハイランド地方

度数…55.3°

熟成…NA(ノンエイジ)

樽…シェリー樽

輸入元…どうなることやら

年に1~2バッチ(バッチは樽のことです)、カスクストレングスのものがドロナックから出てます。カスクストレングスっていうのは、樽から出したのをそのまま瓶詰めしてるよーってことです(普通は加水したり他の樽のと混ぜる)。

そのため、バッチごとに微妙に味が異なるといわれています。

バッチ5は2015年に出たやつですね。

 

レビュー

 ……やや淡い琥珀

香り…香草系のさわやかな香りを伴うアルコールの刺激。やや遅れてシェリー樽由来の甘い香り、レーズン、チョコレート。

……ハイプルーフらしい強い当たり。そのあとに濃い甘味。香りに同じくレーズン。ややナッツ感もあるか。余韻は口の中がひりひりする感じでウッディやビターチョコが残る。

熟成は確かに若いですが、嫌みのない素直な酒質でおいしかったです。

加水用の水をもらってないのであれですが、少量加水でより穏やかに甘味を楽しめると思いました。