うさぎは寂しくても死なない

備忘録を兼ねたブログ お酒(特にウイスキー)のことについてよく書きます

ウイスキー記事について

お酒飲む用Twitterアカウント「@chinomia_sake」なんか作ったりして色々な方がこのブログを見に来る(といいなぁ)かもしれないので、改めてウイスキー記事について書いていこうと思います。

 

まず、ウイスキー記事の構成は基本的に

①一言

②写真

③ボトルの詳細情報(英語)

④飲むに至った経緯

⑤蒸留所紹介(このブログに出てくるのが初めての場合のみ)

テイスティングレビュー

⑦締め

という感じでやっています。

 

これは、いろいろな方のブログを見る中で自分がいいなと思ったところを組み合わせて(パクって)こうなりました。見にくかったり、改善点があればコメントいただけると助かります。

 

次に、お酒のレビュー記事をあげている方の多くは、「10点中何点」のようにお酒を評価していると思います。ですが、僕は当分するつもりはありません。

理由は、まだまだお酒を飲み始めて日が浅いため、自分には到底判断できないと感じているからです。美味しい/美味しくないだけでなく、将来性やコストパフォーマンスも評価に絡んでくると思っているので、そういうのが判断できるようになってきたなと感じたら、もしかしたら今後やっていくかもしれません。

 

 記事にするウイスキーの選び方についてですが、飲んだボトルをすべて記事にすることはできないため、自分の中で光るものがあったり、逆に奇妙な点があったり、初めて飲む蒸留所だったりと、言ってしまえば書くことがあるものを載せていきます。

 

また、基本的にバー飲みが多いため、テイスティングコメントはその日の酔い方、場所、グラスなど環境にかなり左右されます。あてにしないでください。

 

こんなところでしょうか。引き続きボチボチやっていくのでよろしくお願いします。

ベンロマック10年&ピートスモーク

ベンロマック、なめてました。

 

f:id:chinomia1204:20190124172144j:image

 

BENROMACH 

Speyside single malt

Aged 10 years (右)

43.0% 700ml(右)

 

ベンロマックのスタンダード10年と、割と流通してる限定品のヘビーピートタイプを飲みました。

ベンロマックはちゃんとバーで飲んだことがなかったのですが、僕がいつも読んでいるブログでベンロマック愛を感じて気になっていました(下記リンク)。

ベンロマック 10年 43% オフィシャルボトルdrinkerslounge.wordpress.com

 

そしたらちょうどいいところに、船橋のBar time stationのマスターにすすめられたのでいただきました。

 

 

ベンロマック蒸留所とは

ベンロマック蒸留所はスペイサイド西側のフォレスという町にあります。創業は1898年ですが、不幸なことに、生産開始直前に共同出資者の一人が手を引くという最悪のスタートを迎えます。

その後、再開と休業を繰り返していくわけですが、そのベンロマックの運命が大きく変わったのが1993年。なんと、ボトラーズ最大手との呼び声高いゴートン&マクファイル社(通称G&M)がベンロマックを買収します。

G&M社は創業時からの悲願でもあった蒸留所の獲得から5年をかけ、全力でベンロマックを立て直しました。その後2009年にはスタンダードである10年物が出て、2018年には15年物がWWA(World Whislies Awards)2018でBest Speyside Single maltに輝きました。

今ノリにのっているベンロマック、これからの躍進に期待ですね。

 

レビュー

10年

香り…黒砂糖やみたらしのような少し独特な甘い香り、レーズン、ピートスモーク。しめった木のようなヒントも。

味…年数や度数より濃厚。しっかりとした甘さをスモークが下支えしている。かりんとう、レーズン。余韻はそこまで長くはないが、甘さとスモークが残る。

ピートスモーク

香り…強いスモーク、砂糖掛けのオレンジや、バニラの甘い香り。

味…力強さとフルーティさが同居している。オレンジや桃のようなフルーティな甘さと、肉を焼いたようなジューシーなスモーク。ややクリーミーな、バニラビスケットのような甘さもある。余韻はしっかりとスモーク。

 

10年はリフィルシェリー樽、ピートスモークは恐らくリフィルのバーボン樽でしょうか。

10年は甘味とピートのバランスがよく、万人受けする味わいだと思います。たぶんどんな飲み方でもうまいですね。

完成度がとても高く、クライヌリッシュ14年やタリスカー10年、グレンモーレンジ10年と並んでオフィシャルコスパ最強なんじゃないでしょうか。

 

ピートスモークは、このアイラ高騰の流れにおいては希望の光ではないでしょうか。フェノール値62ppmということで、アイラおじさんも満足するピートと、スペイサイド由来のフルーティさがあり、価格も抑えられている。買わない理由がないですね。

自分の好みにピートスモークはドンピシャでした。

 

総じてベンロマックはすごく気に入ったので、なにかしら家に置いておきたいと思いました。

それでは。

 

 

 

最近見たもの(ワイスピ・ゾンビランドサガなど)

先に言っときます、完全にチラ裏記事です。

どうでもいいけどチラ裏って言葉、最近聞かないですよね。死語でしょうか。

最近見た映画・アニメの感想を備忘録も兼ねてまとめときます。極力ネタバレの感想はしないつもりですが、しちゃったらごめんなさい。

 

ワイルドスピードシリーズ

 ワイスピを勧められたので見てみました。Amazon Primeに全部あります。

僕は車にあまり興味がないので敬遠していたのですが、車のこと1mmもわからなくてもめっちゃ面白かったです。車に人生を注ぐ男たちめっちゃかっこいいです。

 

現時点(2019/01/14)で8作目まであるのですが、1~3はカーレース要素が多めで、用語もたくさん出てきます。正直僕は何をいってるか全くわからなかったですが、エンジンの重低音を愉しんでました。それでも全然いいと思います。

4作目以降はアクション要素が強くなり、「カーアクションが多めのアクション映画」という感じです。4~6作目はオーシャンズみたいな、ちょっと盗人っぽいアクションもあります。7~8作目はもうミッションインポッシブルって感じです。

 

ワイスピをこれからみられる方に一つ注意点がありまして、公開順と作品内の時系列が一致していません。3作目に重大なネタバレがありますので、僕は1→2→4→5→6→3→7→8の順で見ることをおすすめします。

世界観が割とストリートというか、そんな感じなんですが、BGMがそれに非常にマッチしていて素晴らしいです。

Spotifyで聞けるのでぜひ。

open.spotify.com

9作目・10作目も決まっているので楽しみです。

 

ゾンビランドサガ

 はい、出ました。2018年の覇権アニメです。え、まだ見てない???Amazon Primeに全部あるから明日までに見ようね。

ロマンシングサガで有名な佐賀県がCygamesと組んで地域振興を目指したアニメを作ったみたいです。今年のふるさと納税が見ものですね。

 

あんまり書くとネタバレになっちゃうので深くは書きませんが、1話見てギャグだと思ったそこの君。もうちょっと頑張ろうねって感じです。序盤の展開の地味さをギャグでカバーしていますが、本質は青春・スポコン系です。めっちゃ感動します。

決定はしていませんが、イベントや円盤の感じ的に2期はほぼ確実だと思います。ラストも2期をほのめかせる引きでしたからね。こちらもとても楽しみです。

 

電脳コイル

ちっちゃい頃、いとこに勧められて微妙に見た記憶はあるのですが、ほとんど覚えてなかったので見ました。

時は202X年、今よりもちょっと未来。子供達の間で“電脳メガネ”が大流行していた。この“電脳メガネ”は、街のどこからでもネットに接続し様々な情報を表示する機能を備えた、子供たちになくてはならないアイテムだ。現代の携帯電話のように普及し、ほぼ全ての子供が持っている。舞台は由緒ある神社仏閣が建ち並ぶ古都でありながら、最新の電脳インフラを擁する地方都市「大黒市」。」(電脳コイル|磯光雄監督作品 - あらすじより引用)という世界観がいいですね。

ただ、SFかと思いきや、SFサスペンスみたいな感じで謎を解いていくがメインです。ホラー的な要素もすこしあって、怖かったですが引き込まれました。

古典的名作って感じでおすすめです。

その他映画

単発の映画もちょこちょこ見てました。

キラーエリート

 ジェイソン・ステイサムがすごい、の一言です。プロの殺し屋の話なのですが、「事故死にみせかけて殺す」というコンセプトがかなり面白かったですね。

にしてもジェイソン・ステイサムのアクションはまじですごいです。スタントもほぼ使ってないらしいですね。「エクスベンダブルスシリーズ」では華麗なナイフアクションも披露し、「トランスポーターシリーズ」や前述のワイスピではカーアクションまで行ってて、無敵です。

カニック

 こちらもジェイソン・ステイサムの殺し屋アクションです。というかこいつ殺し屋か運び屋の役しかやってないんじゃないかってくらいそういう役が多いです。

こちらもアクションが際立っているものの、いまいちストーリー性がないというか…あくまでアクションを見せる映画という感じで、続編もあるのですが、見ようか迷っています。

 

イコライザー

 同じ殺人アクションでも、こっちはかなり面白かったです。

正義のために悪いやつを殺しまくるって割と王道なストーリーですが、主人公の過去があまり掘り下げられないところが逆にストーリーに重厚感を与えています。あとマジで主人公が善人。

個人的な好みになるんですが、アクションものは割と主人公最強!みたいな方が好きだったりします(コマンドーとか、96時間とか)。これもそうです。

あと、アクション版ホームアローンと勝手に呼んでるんですが、売店や病院、スーパーなどに置いてあるものを使って敵を撃退していくアクションがとても好きなので(ジェイソンボーンシリーズや、ジャンルは違うけどマスターキートンなど)、いろいろと好みに合致していて楽しめました。

イコライザー2が2018年10月にやってたみたいなので、アマプラ堕ちを待ちます。

 

いろいろと見て感想書いていくつもりなので、なにか面白い作品あったらコメントください。アマプラにある作品しか基本見れませんのでご注意を。それではまた。

 

 

 

 

 

ティーリング 27年 for Three Rivers

これぞトロピカル!

 

f:id:chinomia1204:20190113101734j:image

 

TEELING WHISKY

Irish singlemalt

Aged 27 years

Singlecask

Barreled in Rumcask

Distilled in 1990

53.0% 700ml

 

アイルランドのダブリンに本社を置くティーリングウイスキーから、日本限定のボトルです。

Bar篠崎さんでいただきました。

 

ティーリング蒸留所(ティーリングウイスキー社)とは

アイルランドの首都ダブリンに、2012年に設立された独立系瓶詰め業者であるティ―リングウイスキー社。設立したのは、ジョン・ティ―リング氏です。

ジョン・ティ―リング氏といえば、ハーバード大学アイリッシュウイスキーについて研究した後、アイリッシュウイスキーの復活を志し、今やアイリッシュ四大蒸留所に数えられる「クーリー蒸留所」を設立したことでも有名ですね。

また、ティ―リングウイスキー社は瓶詰めだけでなく、自ら蒸留を行うことも計画されていました。

そうして2015年に、ジョン・ティ―リング氏の息子たちの手によって、ダブリンに満を持して設立されたのがティ―リング蒸留所というわけです。

余談ですが、ティ―リングのシンボルって、何を意味しているかご存知ですか…?

ãã©ã³ãã­ã´

これは、ウイスキーを蒸留するポットスチルと不死鳥を掛け合わせ、「アイリッシュウイスキーの復活」を意味しているんだそうです。

 

今回のボトルについて

今回のボトルは日本の独立瓶詰め業者兼インポーター(であってるのかな?)であるスリーリバーズさん向けの日本限定ボトルで、シングルカスクの27年熟成となっています。

ここで問題になってくるのは中身は何かということ。

ティ―リング蒸留所は2015年設立なので全然無理ですよね、あとティ―リング氏がいたところでいうとグレートノーザン蒸留所ですがここも2015年操業なので時代が合わない、ということで個人的にはクーリーなのではないかと予測しています。

なにか知っている方いらっしゃいましたら、コメントをいただけるとありがたいです。

※2019/03/19: 追記

中身はブッシュミルズみたいですね。

 

 

テイスティング

香り…やや香ばしい麦感から、白ブドウ、桃のジューシーさ、パパイヤ・マンゴーの妖艶なトロピカル感

味…口に含むとジューシーの一言、白ぶどうからはじまり、さまざまな果実が口の中を駆け巡る、アイリッシュだが、ボディは厚めで粘性もある。後半はパッションフルーツ・マンゴーなどのトロピカル感が支配的

 

トロピカルとしかいえない味でしたが、とても美味しかったです。

ラムカスクウイスキーを初めて飲んだのですが、とても好印象でした。

ラムカスクといえば、2018年のスプリングバンク 21年が良かったと聞くので、ぜひ飲んでみたいですね。

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年の振り返り&新年の抱負

あけましておめでとうございます。

少し久しぶりの記事になったわけは、卒論が絶賛炎上中だからです。

 

現実逃避もかねて、去年(のお酒事情)を振り返ってみます。

去年は1月・2月こそウイスキーを飲んでいたものの、3~4月の就活時期はもとより、就活の交通費&バイト減らしたのが痛すぎて、お金がまったくなくなってしまいました。

そのせいもあり、春夏はあまりウイスキーを飲めていませんでした。

 

しかし、夏に香川の祖父母家に帰ったときに行った、丸亀のサイレンス・バーにとても感動しました。

chinomia1204.hatenablog.com

オールドボトルを飲むのすら初めてだった自分が、あんなに貴重なお酒を次々と飲ませていただいて、とても貴重な体験だったなと思います。

こうして秋ごろからウイスキー熱を再び取り戻し、ここ3か月くらいは結構飲んだんじゃないかなと思います。

 

また、去年は一昨年に引き続きウイスキーフェスティバルに参加したほか、インターナショナルバーショー、ウイスキー写真展なんかにも行かせていただいて、いろいろなお酒を堪能しました。そういう意味では充実した年でした。

お酒のイベント以外にも、今年は大阪・福岡にライブいったり、軽井沢・スペイン・沖縄に旅行いったり、初トレッキング・初キャンプするなど、多方面で充実していたと思います。

 

そんなわけで、今年の抱負ですが、総合的な抱負は毎年考えずになんとなく生きてるので、特にないです。

しいて言うなら体調に気を付ける、くらいですね。去年は体調崩して予定キャンセルしたりお酒控えたりした事が多かったので。

 

ウイスキー関連の抱負としては、「現在オフィシャルを出している蒸留所のウイスキーを制覇すること」です。閉鎖や新設はきりがないので諦めます。

定義が若干あいまいですが、まあそれくらいの気持ちで飲むということで(キニンヴィとかどうなるんだろう)。

 

なぜこの抱負かというと、ブラインドテイスティングの精度をあげたいからです。

去年の11月からちょこちょこブラインドする機会があったのですが、まあ全く当たらないんですよね。そこで自分の知識不足に気が付きました。

やはり各蒸留所のシングルモルトを一度は飲んでおかないとキャラクターや地域ごとの特色がつかめないので、今年はそこを目標にやっていこうと思います。

 

ブログももうちょっと更新頻度あげれたらなと思っているので、今年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

ベンネヴィス 21年 ウイスキートレイル

ベンネヴィス、ノーマークでした。

 

f:id:chinomia1204:20181204155310j:image

(写真左)

ELIXIR DISTILLERS

WHISKYTRAIL THE KNIGHTS 

BEN NEVIS

Highlands single malt

Aged 21 years 

distilled in 1996

2018's

47.5% 700ml

 

エリクサーディスティラリーが日本向けにリリースした「ウイスキートレイル ナイトシリーズ」。

ナイトの柄が描かれたボトルで6種類出ているそうです。

バックバー映えするおしゃれさですよね(なんでナイトなのかはわかりませんが)

 

ベンネヴィスはこのボトルで初めて飲みました。

せっかくなので写真右のボトルと飲み比べしました。

それはまた後日。

 

ベンネヴィス蒸留所について

スコットランドの西ハイランド地方にそびえたつ、スコットランド最高峰のベンネヴィス山。その麓、フォート・ウイリアムスのロッキーブリッジに1825年、ベンネヴィス蒸留所は建てられました。

設立した人物はジョン・マクドナルド氏。「ロングジョン」の愛称で親しまれ、同名のブレンデッドウイスキーの由来となった人物です。

ジョン氏の死後はマクドナルド家によって経営が続けられましたが、1920年代以降はオーナーを転々とし、最終的に1983年に生産を停止します。

しかし、その後1989年に日本のニッカウヰスキーが買収し、1990年より同社のもとでウイスキーの生産が再開されました。

 

シングルモルトのオフィシャルは10年だけ?なのかな。なかなか見かけないと思います。

 

レビュー

香り:優しい麦、ややワックスさを伴ったオイル、フルーツビネガーのような癖のある香りも。干し草、やや青さはあるが、マンゴー、パイナップルの華やかなフルーティーさ。

味:ややねっとりとしている。甘くフルーティーで万人受けしそう、パイナップル、マンゴーの甘味。少しシロップのような甘さもある。後味はそこまで残らないが、そのままの香りや、ダージリンのような華やかさを保っている。ドライな要素はない。

 

これが南国フルーティというやつなのでしょうか。ビネガーのような香りなど、微妙に人を選ぶ感じはあると思いますが、基本的にはトロピカル&フルーティで万人受けするボトルでした。

ベンネヴィス、また見つけたら飲んでみたいと思います。

アラン 20年 Second Edition & Third Edition

贅沢な飲み比べでした。

 

f:id:chinomia1204:20181204155541j:image

ARRAN TRILOGY SECOND EDITION  

Islands single malt

Aged 20 years 

Distilled 1998/02/03

Bottled 2018/04/09

Cask type Sherry hogshead

Cask no 136

50.4% 700ml

ARRAN TRILOGY THIRD EDITION

Islands single malt 

Aged 20 years

Distilled 1998/06/11

Bottled 2018/08/15

Cask type Bourbon barrel

Cask no 716

55.3& 700ml

 

アラン蒸留所の日本へ輸入20周年を記念したボトルです。

第二弾と第三弾を飲み比べさせていただきました。

第一弾は記事にはしていないもののちゃんと飲んでます。アランはお気に入りなので。

 

アラン蒸留所についてはこちらの記事をご覧ください。

 

chinomia1204.hatenablog.com

 

レビュー

SECOND EDITION

香り…上品な香り。雑味のない黒い果実、アプリコット。すこしウッディな感じがあり、ハーブや香木を思わせる。コクのある麦感もあいまって味を期待させる。

味…度数を感じさせないさらっとした口当たり。黒い果実風はなく、熟したリンゴ、アプリコット、パパイヤなど様々なフルーツが優しく包み込む。ドライな感じはなく、スパイスやウッディを伴いながらあたたかくフィニッシュ。

 

THIRD EDITION

香り…華やかな香り。桃、バニラ、黄色いフルーツ。少し置くと香ばしい麦感や、アルコールの刺激とともにオーキーさ。

 

味…甘くジューシー。みずみずしいフルーツミックスの蜂蜜がけ。アップルパイ。後半にかけてハーブを伴いながら度数相当のアタックがある。甘いモルティさや柑橘とともに、ヒリヒリとしたフィニッシュ。

 

アランは酒質がフルーティーで、どんな樽でもめちゃめちゃ美味しかったですね。

どっちが美味しいとかは完全に好みの問題だと思います。

ただ、THIRDの方は度数が高くて、アルコールの刺激が少し出ていたので、個人的にはSECONDの方が好みです。

 

アラン蒸留所は創業23周年を迎え、第二の蒸留所も建設される予定なのでこれからさらに期待できる蒸留所だと思います。

ぜひ飲んでみてください。