うさぎは寂しくても死なない

備忘録を兼ねたブログ

ジョニーウォーカー プラチナラベル

誕プレでいただきました品です。

f:id:chinomia1204:20180121180309j:image

箱がしっかりしてて、外装もボトルもめっちゃオシャレです。

 f:id:chinomia1204:20180121180251j:image

 

かの有名なブレンデッドウイスキージョニーウォーカー」のハイエンド品になります。

 

 

 ジョニーウォーカーについて

 

1820年、名前の由来となっているジョン・ウォーカーが創業したのは食料雑貨店でした。紅茶のブレンド技術から、ウイスキーでも同じことができるのではと思い立ち、さまざまな蒸留所の原酒を混ぜて売り始めたのが始まりです。

その後、彼の息子や孫が、独特なボトル、特徴的なラベル、トレードマークとなる紳士の絵が作り出され、世界的に有名になっていきます。

 

現在、スコッチウイスキーの中で断トツ一位の打ち上げを誇っているのはこのジョニーウォーカーです。

ジョニーウォーカーは色によってランク付けされており、ブレンデッドウイスキーでは

赤<黒<金<プラチナ<ブルー (2018 1/21現在)というランク付けになっています。

そのほかに、モルトウイスキーだけを使った緑や、数々の限定商品を出しています。

 

ジョニーウォーカー・プラチナラベルについて

種類…ブレンデッド・ウイスキー

産地…スコットランド

樽…おそらくいろいろ

熟成…18年

度数…40°

 

レビュー

……やや赤みがかった黄金色

香り…華やかだが、ややえぐみを伴った酸っぱい香り立ち、青い梅・レモン。奥に樽感もある。

……口に含んだ瞬間は非常に穏やか。中盤にかけて酸っぱめのモルト感がでてくる。終盤にかけて徐々にピートの煙たさとシロップのような甘味。余韻は程よいピートで心地よい。アルコールの刺激は全体を通してあまり感じられず、流石長期熟成といったところか。

 

思っていた印象とはちょっと違くて、酸っぱめの印象でした。

終盤に感じられるピートと甘さのバランスが素晴らしかったので、トワイスアップ(水と1:1で割ること)にもしてみました。

すると、酸味がなくなり香り立ち・余韻がさらによくなったので、ストレートよりも加水で伸びる系かもしれません。

 

普段ブレンデッドは飲まないので新鮮でした。

200mlくらい残しておいて、他のジョニーウォーカーと飲み比べしようかと思っています。