うさぎは寂しくても死なない

備忘録を兼ねたブログ お酒(特にウイスキー)のことについてよく書きます

ティーリング 27年 for Three Rivers

これぞトロピカル!

 

f:id:chinomia1204:20190113101734j:image

 

TEELING WHISKY

Irish singlemalt

Aged 27 years

Singlecask

Barreled in Rumcask

Distilled in 1990

53.0% 700ml

 

アイルランドのダブリンに本社を置くティーリングウイスキーから、日本限定のボトルです。

Bar篠崎さんでいただきました。

 

ティーリング蒸留所(ティーリングウイスキー社)とは

アイルランドの首都ダブリンに、2012年に設立された独立系瓶詰め業者であるティ―リングウイスキー社。設立したのは、ジョン・ティ―リング氏です。

ジョン・ティ―リング氏といえば、ハーバード大学アイリッシュウイスキーについて研究した後、アイリッシュウイスキーの復活を志し、今やアイリッシュ四大蒸留所に数えられる「クーリー蒸留所」を設立したことでも有名ですね。

また、ティ―リングウイスキー社は瓶詰めだけでなく、自ら蒸留を行うことも計画されていました。

そうして2015年に、ジョン・ティ―リング氏の息子たちの手によって、ダブリンに満を持して設立されたのがティ―リング蒸留所というわけです。

余談ですが、ティ―リングのシンボルって、何を意味しているかご存知ですか…?

ãã©ã³ãã­ã´

これは、ウイスキーを蒸留するポットスチルと不死鳥を掛け合わせ、「アイリッシュウイスキーの復活」を意味しているんだそうです。

 

今回のボトルについて

今回のボトルは日本の独立瓶詰め業者兼インポーター(であってるのかな?)であるスリーリバーズさん向けの日本限定ボトルで、シングルカスクの27年熟成となっています。

ここで問題になってくるのは中身は何かということ。

ティ―リング蒸留所は2015年設立なので全然無理ですよね、あとティ―リング氏がいたところでいうとグレートノーザン蒸留所ですがここも2015年操業なので時代が合わない、ということで個人的にはクーリーなのではないかと予測しています。

なにか知っている方いらっしゃいましたら、コメントをいただけるとありがたいです。

※2019/03/19: 追記

中身はブッシュミルズみたいですね。

 

 

テイスティング

香り…やや香ばしい麦感から、白ブドウ、桃のジューシーさ、パパイヤ・マンゴーの妖艶なトロピカル感

味…口に含むとジューシーの一言、白ぶどうからはじまり、さまざまな果実が口の中を駆け巡る、アイリッシュだが、ボディは厚めで粘性もある。後半はパッションフルーツ・マンゴーなどのトロピカル感が支配的

 

トロピカルとしかいえない味でしたが、とても美味しかったです。

ラムカスクウイスキーを初めて飲んだのですが、とても好印象でした。

ラムカスクといえば、2018年のスプリングバンク 21年が良かったと聞くので、ぜひ飲んでみたいですね。

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年の振り返り&新年の抱負

あけましておめでとうございます。

少し久しぶりの記事になったわけは、卒論が絶賛炎上中だからです。

 

現実逃避もかねて、去年(のお酒事情)を振り返ってみます。

去年は1月・2月こそウイスキーを飲んでいたものの、3~4月の就活時期はもとより、就活の交通費&バイト減らしたのが痛すぎて、お金がまったくなくなってしまいました。

そのせいもあり、春夏はあまりウイスキーを飲めていませんでした。

 

しかし、夏に香川の祖父母家に帰ったときに行った、丸亀のサイレンス・バーにとても感動しました。

chinomia1204.hatenablog.com

オールドボトルを飲むのすら初めてだった自分が、あんなに貴重なお酒を次々と飲ませていただいて、とても貴重な体験だったなと思います。

こうして秋ごろからウイスキー熱を再び取り戻し、ここ3か月くらいは結構飲んだんじゃないかなと思います。

 

また、去年は一昨年に引き続きウイスキーフェスティバルに参加したほか、インターナショナルバーショー、ウイスキー写真展なんかにも行かせていただいて、いろいろなお酒を堪能しました。そういう意味では充実した年でした。

お酒のイベント以外にも、今年は大阪・福岡にライブいったり、軽井沢・スペイン・沖縄に旅行いったり、初トレッキング・初キャンプするなど、多方面で充実していたと思います。

 

そんなわけで、今年の抱負ですが、総合的な抱負は毎年考えずになんとなく生きてるので、特にないです。

しいて言うなら体調に気を付ける、くらいですね。去年は体調崩して予定キャンセルしたりお酒控えたりした事が多かったので。

 

ウイスキー関連の抱負としては、「現在オフィシャルを出している蒸留所のウイスキーを制覇すること」です。閉鎖や新設はきりがないので諦めます。

定義が若干あいまいですが、まあそれくらいの気持ちで飲むということで(キニンヴィとかどうなるんだろう)。

 

なぜこの抱負かというと、ブラインドテイスティングの精度をあげたいからです。

去年の11月からちょこちょこブラインドする機会があったのですが、まあ全く当たらないんですよね。そこで自分の知識不足に気が付きました。

やはり各蒸留所のシングルモルトを一度は飲んでおかないとキャラクターや地域ごとの特色がつかめないので、今年はそこを目標にやっていこうと思います。

 

ブログももうちょっと更新頻度あげれたらなと思っているので、今年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

ベンネヴィス 21年 ウイスキートレイル

ベンネヴィス、ノーマークでした。

 

f:id:chinomia1204:20181204155310j:image

(写真左)

ELIXIR DISTILLERS

WHISKYTRAIL THE KNIGHTS 

BEN NEVIS

Highlands single malt

Aged 21 years 

distilled in 1996

2018's

47.5% 700ml

 

エリクサーディスティラリーが日本向けにリリースした「ウイスキートレイル ナイトシリーズ」。

ナイトの柄が描かれたボトルで6種類出ているそうです。

バックバー映えするおしゃれさですよね(なんでナイトなのかはわかりませんが)

 

ベンネヴィスはこのボトルで初めて飲みました。

せっかくなので写真右のボトルと飲み比べしました。

それはまた後日。

 

ベンネヴィス蒸留所について

スコットランドの西ハイランド地方にそびえたつ、スコットランド最高峰のベンネヴィス山。その麓、フォート・ウイリアムスのロッキーブリッジに1825年、ベンネヴィス蒸留所は建てられました。

設立した人物はジョン・マクドナルド氏。「ロングジョン」の愛称で親しまれ、同名のブレンデッドウイスキーの由来となった人物です。

ジョン氏の死後はマクドナルド家によって経営が続けられましたが、1920年代以降はオーナーを転々とし、最終的に1983年に生産を停止します。

しかし、その後1989年に日本のニッカウヰスキーが買収し、1990年より同社のもとでウイスキーの生産が再開されました。

 

シングルモルトのオフィシャルは10年だけ?なのかな。なかなか見かけないと思います。

 

レビュー

香り:優しい麦、ややワックスさを伴ったオイル、フルーツビネガーのような癖のある香りも。干し草、やや青さはあるが、マンゴー、パイナップルの華やかなフルーティーさ。

味:ややねっとりとしている。甘くフルーティーで万人受けしそう、パイナップル、マンゴーの甘味。少しシロップのような甘さもある。後味はそこまで残らないが、そのままの香りや、ダージリンのような華やかさを保っている。ドライな要素はない。

 

これが南国フルーティというやつなのでしょうか。ビネガーのような香りなど、微妙に人を選ぶ感じはあると思いますが、基本的にはトロピカル&フルーティで万人受けするボトルでした。

ベンネヴィス、また見つけたら飲んでみたいと思います。

アラン 20年 Second Edition & Third Edition

贅沢な飲み比べでした。

 

f:id:chinomia1204:20181204155541j:image

ARRAN TRILOGY SECOND EDITION  

Islands single malt

Aged 20 years 

Distilled 1998/02/03

Bottled 2018/04/09

Cask type Sherry hogshead

Cask no 136

50.4% 700ml

ARRAN TRILOGY THIRD EDITION

Islands single malt 

Aged 20 years

Distilled 1998/06/11

Bottled 2018/08/15

Cask type Bourbon barrel

Cask no 716

55.3& 700ml

 

アラン蒸留所の日本へ輸入20周年を記念したボトルです。

第二弾と第三弾を飲み比べさせていただきました。

第一弾は記事にはしていないもののちゃんと飲んでます。アランはお気に入りなので。

 

アラン蒸留所についてはこちらの記事をご覧ください。

 

chinomia1204.hatenablog.com

 

レビュー

SECOND EDITION

香り…上品な香り。雑味のない黒い果実、アプリコット。すこしウッディな感じがあり、ハーブや香木を思わせる。コクのある麦感もあいまって味を期待させる。

味…度数を感じさせないさらっとした口当たり。黒い果実風はなく、熟したリンゴ、アプリコット、パパイヤなど様々なフルーツが優しく包み込む。ドライな感じはなく、スパイスやウッディを伴いながらあたたかくフィニッシュ。

 

THIRD EDITION

香り…華やかな香り。桃、バニラ、黄色いフルーツ。少し置くと香ばしい麦感や、アルコールの刺激とともにオーキーさ。

 

味…甘くジューシー。みずみずしいフルーツミックスの蜂蜜がけ。アップルパイ。後半にかけてハーブを伴いながら度数相当のアタックがある。甘いモルティさや柑橘とともに、ヒリヒリとしたフィニッシュ。

 

アランは酒質がフルーティーで、どんな樽でもめちゃめちゃ美味しかったですね。

どっちが美味しいとかは完全に好みの問題だと思います。

ただ、THIRDの方は度数が高くて、アルコールの刺激が少し出ていたので、個人的にはSECONDの方が好みです。

 

アラン蒸留所は創業23周年を迎え、第二の蒸留所も建設される予定なのでこれからさらに期待できる蒸留所だと思います。

ぜひ飲んでみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スプリングバンク 10年 新ラベル

やっと飲むことができました。

 

f:id:chinomia1204:20181204155209j:image

SPRING BANK

Aged 10 years

Campbeltown single malt

2017's

700ml 46%

 

本八幡のBAR PEAT

https://tabelog.com/chiba/A1202/A120202/12014214/

というところでいただきました。

 

去年新しくなった、スプリングバンクのスタンダード10年です。

おいしいという噂はかねがね聞いていたのですが、噂が広がりすぎたのと日本割り当てが少なかったので全然飲めず、やっとありつくことができました。

スプリングバンクはお気に入りの蒸留所の一つなので、期待大です。

 

スプリングバンク蒸留所についてはこちらをご覧ください。

 

chinomia1204.hatenablog.com

 

レビュー

香り:みずみずしい桃、梨。バニラの甘さと香ばしさを感じる麦。しょうがのようなスパイシーさもわずかに感じる。

味:度数、年数を感じさせないフルーティーな華やかさ。じわじわと噛み応えのある麦感と穏やかなピート、塩味。柑橘とはちみつの香りをわずかに残しながら、ピーティーでほろ苦いフィニッシュ。

 

フルーティーな要素が多いながら、スプリングバンクらしさを感じる麦感もあり、スプリングバンクという蒸留所を知るにはもってこいのボトルです。

スプリングバンクはなぜか46度と他より高い度数でボトリングするので、スピリッツになじみがない人にはアタックが強いかもしれませんが、アルコールの刺激はあまり感じさせない構成でした。

 

そろそろ流通量も多くなってるのかなと思いますので、ぜひ飲んでみてください。

 

終わりに

今回からブログの書き方を少し変えてみました。

一言コメント⇒写真⇒ボトルの詳細(英語)⇒(はじめての蒸留所の場合は紹介)⇒レビューという感じで、全体的に記事を短くしようと努めています。

全部どっかのブログのパクリです

なにか意見あったら連絡ください。

 

また、記事が増えてきたときに見やすいように、蒸留所ごとにタグをつくり管理しやすくしていきます。

それでは。

 

 

 

 

Whisky Festival 2018

去年に引き続き行ってきました、Whisky Festival。

今年から2日開催となり、ウイスキー人気の高まりを感じさせますが、僕は2日目のみ参戦です(というかこれ2日とも行く人肝臓強すぎ…)。

 

f:id:chinomia1204:20181126233946j:image

 

今年の目標が写真を撮るだったんですけど、どうしても片手グラスだと写真撮らなくなりますね、全然ないです。

 

カクテルブースのバーテンダーさんたち。

どれも非常においしかった。


f:id:chinomia1204:20181126233940j:image

 

LUSTAUブース。

シェリーブランデーもおいしかったのですが、ボトル15000円する高級シェリー(PXのVSOR)を500円で試飲しました。これがめっちゃおいしかったです。

PXとかクリームのシェリーって、蜜の甘さがすごいんですよね。思わず「バニラアイスにかけたい」と叫んでしまいました。


f:id:chinomia1204:20181126233927j:image

 

キリンブースは今年も樽持ってきてました。流石に今年は柄杓じゃなくてスポイトで注いでましたがw

富士山麓のスタンダードは終売が決定しましたね。

理由は原酒不足とのことですが、ハイグレード品である、シグニチャブレンドに専念していくということでしょうか。

「ジャパニーズバーボン」と呼ばれる味わいで、とてもおいしいしコスパもいいので、流通を制限してでも生産を続けてほしいですね。


f:id:chinomia1204:20181126233931j:image

 

下の写真はおすすめされたバーボンのボトルです。誰がおすすめしてくれたかというと、僕がクラウドファンディングに応じた企画の立案者、石原さんです。

企画について説明しますと、石原さんは各蒸留所を回って写真をたくさん撮っており、それを用いた写真展を開くというものでした。

蒸留所の写真も様々なコンセプトに分かれて展示されるそうで、他にもボトルを用いたランプ、蒸留所でしか買えないお酒の試飲など、様々な面から「why do you like whisky ?」を追求する企画となっています。

【イベント情報】ウィスキー写真・作品展 “Why do you like Whisk(e)y?” – Tasters.jp

僕は出資者として当然行くのですが、友達を10人まで連れてきていいとのことなので、順次声かけていきます。

 

ボトルに戻りましょう。ケンタッキー州のバートン蒸留所が作る1792という銘柄で、今年のワールドベストバーボンを獲得しています。

非常にスムースで刺激も全く感じさせないのに、爆発的に広がるコクと上品な甘味で、とてもおいしかったです。


f:id:chinomia1204:20181126233923j:image

 
とまあこんな感じのウイスキーフェスティバルでした。

2日開催で1日当たりの人は減るかなと思ったんですが、午後からの人がすごく多かったですね。うれしい限りです。

自分としても去年より数は飲んでないのですが、ここで飲むべきボトル/そうでないボトルの判断ができるようになって、おいしくコスパよく飲むことができました。

 

来年も楽しみにしています。

 

League of LegendsでGold5になった話

皆さまお久しぶりです。約1か月ぶりの投稿になります。

 

なんでこんなに日が空いたかというと完全にこのゲーム

リーグ・オブ・レジェンド

(以下lol)のせいです。

マジで廃人みたいにやってました。

 

lolを知らない人向けに説明しますと、このゲームはとても簡単にいえば5対5の対人ゲームです。5人が様々な役割に分かれ勝利を目指します。

このゲームにはランク戦というものがあり、試合に勝つとポイントがもらえ、負けるとポイントが減ります。

そのポイントに応じて階級のようなものがあり、下からBronz・Silver・Gold・Platinum・Diamond・Master・Challengerとなっています(厳密には少し違うのですがわかりやすく説明しています)。

さらに各階級(Tierといいますが)が上から1~5のDivisionという区切りがされています。

この階級みたいなものでGold5になった、つまりギリギリGoldになったよという報告が今回の記事です。

 

「Goldとか下から数えた方が早いじゃん」と思う人もいるかもしれませんが、このゲームは上に行くほど人が少なくなっていくシステムで、中央値はたしかSilver2,3あたりです。

したがって、Gold5は偏差値でいうと55~60いかないくらいで、初心者の登竜門的な存在なのです。

Gold5になると特別な報酬がもらえるというのもあります。

 

目標にしてきたものの一時はマジでいけないと思っていたので、本当に良かったです。

スマーフは害悪

 

以下lolを知ってる人向けに雑感であったり感想書いていきます。

 

 

いやーGoldなりましたよ。なれちゃいましたね。

 

f:id:chinomia1204:20181113012229p:plain

 

先に断っておきますが、僕は自分の実力がゴールド並だとは思ってないです。

99%duoで回してましたし、最後は時間がぎりぎりだった(ランク終わる20分前にgold到達)のもあってboostしてもらいました。

でもそれはそれです。Goldになるという目標は達成できたので。

 

とりあえず僕の戦績を見てみましょう。

f:id:chinomia1204:20181113012522p:plain

結果103勝 97敗 勝率52%という感じでした。

僕こんなにランクやってたんですね。

さっきも書きましたが、最後の一週間は毎日やってましたし、最後の土日でたぶん35戦くらいやってます。

 

どんな感じで推移したかというとこちら。

f:id:chinomia1204:20181113102844p:plain

振り分け戦が終わったのは6月とかだったかな?

そのころはランク回す気はなかったんですが、夏休みちょこちょこやり始めたら割と上がってこれGoldいけるんじゃないかと思い始めたのが9月後半。

10月前半までは勝率60%くらいでS2にいくも、10月後半からシーズン終了2日前までS2の闇にとらわれました。

正直ここらへんでgoldは厳しいかなと思ってました。

ただシーズン終了2日前にS1に上がって、1日前に昇格戦まで行き、そこでは落ちましたが、シーズン終了するその日にGoldになりました。

もうちょっとシーズン頭から回してればよかったなという感想しかないです。

 

さて、どんなチャンプを使っていたかというとこんな感じです。

f:id:chinomia1204:20181113013005p:plain

見てわかる通りADCしかやってません。

最初S2でつまずくまではkaisaオンリーでやってて、パワースパイク遅くてこっちが育っても20分くらいで相手のmid topが育ってると普通に勝てないので、レーン壊していけるMFに鞍替えしました。

 

しかし、MFはダメージは出るんですけどオブジェクトがマジで遅くて、このレート帯だとバロンをやれるときに味方が寄ってくれないことも多いので、それもあってバロンthrowしたり負けた試合が増えてきてやめました。

 

そのあとは第一希望Kaisa、第二希望Lucianという感じでS2の魔境~S1昇格戦くらいまで行きました。割とkaisaも序盤のバースト出ることを知ったので、レーンで勝てることも多くなってきました。

 

ただ、最後5戦くらいはSivirしかやってません。

レーン戦拒否って味方がんばえ~してました。

 

でもSivirはちゃんと練習しようかなと思いました。というのも、このレート帯ってマジでsupの地雷が多いと思うんですよね。

個人的にjgとsupはマクロの部分もあるし、自分にはお金入らないのにチームをキャリーしていく難しいロールだと思っています。

でも、とりあえずsupみたいな、レベル1でハラスもせずレベル先行しても前に出てトレードしてかない、みたいなやつがマジで多い。

そうなるとADCとしてはどうしようもないんですが、Sivirはsupがどんなにくそでも持ち前のwave clear性能で①タワーを守る②サイドのミニオン押されてるレーンを素早く押して寄る or 誰もいなければタワー取るって動きができるのでsup依存が少ないなと思いました。

ただレーンでガシガシkillとっていくタイプではないので、他のレーンがくそだとおしまいです。

 

正直ADC自体がマゾロールな気がするのでmid練習しようと思いました(小並)

 

 

とまあこんな感じですかね。duoにずっと付き合ってくれたコケとツルハシ、ちょこちょこやってくれたぽたりんぐ、最後Goldに導いてくれたMADOTASO(偽)には感謝しかないです。

 

とりあえず卒論やりながらウイスキーの更新もボチボチ再開したいと思います。

11/25(日)にはウイスキーフェスティバルも控えていますし。

それではまた。